3sisters Diary

3sisters Diary

日々の"イイコト"詰めました♪

【赤ちゃんが大きいママへ!】「あるある」な悩みと解決法とは?

赤ちゃんが大きく生まれたり、大きく育つことはとても喜ばしいことです。

 

でも、赤ちゃんが大きいがゆえの悩みもありますよね。

 

なかなか相談する相手がいないと、困ってはいませんか?

 

 我が家の三女は誕生時は2,800gと小さめでしたが、今では体重もグンと増え、赤ちゃんの平均体重をはるかに超えるビッグベビーぶり。

 

長女と次女が赤ちゃんの頃は平均通りに育ってきていたので、三人目にして今までは経験したことのない悩みが出てきました。

 

今回は、そんなビッグなベビーをもつママに「あるある」な悩み事と解決法をご紹介していきたいと思います!

 

 

赤ちゃんが大きいとオムツ選びで悩む

f:id:miomio8818:20200117220622j:plain

大きい赤ちゃんは、オムツのサイズアップの頻度がやたらと早い

 

我が家の場合、生後5ヶ月を迎えたときにはすでにLサイズのオムツでした。

 

Mサイズだと太ももにおむつの跡がついてしまい、腰回りもキツそう..

そして、ウンチが何回も漏れて大変!

(しかも赤ちゃんのウンチはなかなか落ちない)

 

でもLサイズのオムツのパッケージって、もう赤ちゃんが立ってる写真なんですよね。

(うちはまだお座りすらできないのにッ)

 

(ほんとにこれ使って良いの⁈)

と、ムダに心配になったりしました。

 

でも、そんな心配は御無用!

迷わずサイズアップをしましょう。

 

我が家も思い切ってLサイズにアップすると、とても快適な使い心地。

 おむつ跡もつかなくなりました。

 

しかし!

またもや漏れる日が続き・・

 

肌触りがやさしいムーニーを愛用していたのですが、漏れは大変なのでほかのメーカーに変えることに

 

おむつはメリーズが漏れない

f:id:miomio8818:20200119135218j:plain

メリーズはテープタイプでもゆるゆるウンチをしっかりキャッチしてくれる構造ということなので試してみることに。

 

只今、使用して約2週間ほどたちましたが、漏れてない!

 

おむつをよく見ると、細かなデコボコになっています。

これがゆるゆるうんちを広がらないようにしてくれるのだとか。

 

おかげでお洗濯は減り、メリーズには本当に助けられました。

 

あくまでも個人的な感想ですが、大きい赤ちゃんで漏れに困っているときは、メリーズのおむつがおすすめですよ。

 

 

 

 

赤ちゃんが大きいと体力的に負担

f:id:miomio8818:20200119135321j:plain

赤ちゃん期はとにかく抱っこ。

毎日抱っこ。

ひたすら抱っこ。

 

ただですら大変なのに、赤ちゃんが大きいとママも体力的にキツい!

(お、重た過ぎる!)

 

只今35歳のわたしは、最近では腰が痛くなってしまいます・・(悲)

ずっと抱っこするのって、本当に大変ですよね。

 

抱っこ紐やおんぶ紐、ベビーカーで負担を減らす

f:id:miomio8818:20191031113132j:plain

そんな時は、

  • 抱っこ紐
  • おんぶ紐

が大活躍。

 

もちろん肩にかかる負担はとてつもないですが、少しはカラダにかかる負担が分散されるように感じます。

 

家事をしないのであれば、抱っこ。

家事をするのであれば、おんぶがラクですね。

 

しかし、いくら抱っこ紐やおんぶ紐を使っても、大きい赤ちゃんの体重がどっしりと乗っかってキツくなる時がありませんか?

 

そんな時は、思い切ってベビーカーでお散歩に行ってしまいましょう。

 

お散歩に行っている間だけでも、肩がとてつもなくラクになります。

(開放感!)

 

車を持っているママであれば、ドライブでも良いですね。

 

そこで赤ちゃんが眠ってくれたら、一石二鳥。

車を停めて、ママも少しカラダを休めることができますよ。

 

 

 

ミルクが足りていないのでは?と不安になる

f:id:miomio8818:20191110083716j:plain

 大きく生まれた赤ちゃんと、平均的な体重で生まれた赤ちゃんの哺乳量に差が出るのは当然のことです。

 

母乳は好きなだけ与えて良いといわれていますが、あまり間隔が空かずにおっぱいを欲しがってばかりだと不安になってしまいますよね。

 

そしてミルクで育てているママも、ミルク缶に記載通りの量だと赤ちゃんがすぐにお腹空かせて泣いてしまう時がありませんか。

 

ネットの情報は間違っていることも。病院に相談しよう

f:id:miomio8818:20191102154532j:plain

何でもネット検索してしまいがちな世の中ですが、ネット上には間違った答えもたくさんです。

 

育児で困ったことがあったときは、産院や助産師さんに相談するのが一番。

 

わざわざ足を運ばなくても、電話で相談しても良いでしょう。

 

わたしは授乳間隔がいつまでたっても2時間くらいのペースが続き、

本当にこのままで大丈夫なのだろうか?

と、心配になったことがあります。

 

思い切って病院に相談すると、

「少しの量を回数を多く飲む子なのかもしれないね。」

「赤ちゃんによって個性があるのだから周りの情報ばかり気にしないでね。」

と言われ、安心した覚えがあります。

 

少しで不安に感じることがあれば、信頼できる病院や助産師さんなどに気軽に相談してみましょう!

 

 

 

赤ちゃんが大きいと寝返りが遅いのは本当?

f:id:miomio8818:20191129222024j:plain

赤ちゃんのカラダが大きいと、寝返りも遅いといわれがちですが本当なのでしょうか。

 

体重が重いカラダを自由に動かすことが難しいなどと書かれていることもありますが、実際には関係ないようです。

 

我が家の三女も寝返りをしたのは生後5か月と、特別遅かったわけではありません。

 

体重が軽くても寝返りが遅い赤ちゃんはたくさんいますし、逆に体重が重い赤ちゃんでも寝返りが早い赤ちゃんはたくさんいます。

 

あまり大きさは関係ないので、心配しなくても大丈夫です。

 

 

 

赤ちゃんが大きくて良かったこととは

f:id:miomio8818:20191129221939j:plain

赤ちゃんが大きいと悩みだけではなく、良いこともたくさんありますよね。

 

  • 他の赤ちゃんがまだ着られないセパレートの服(上下分かれた服)を早く着ることができ、オシャレをいち早く楽しめる

 

www.marumarumio0808.com

 

  • カラダがガッチリしているので、扱いやすい(抱っこしやすい)

 

  • 「ちゃんと体重は増えているのだろうか?」という心配をしなくて良い

 

などなど、ビッグベビーならではのうれしいこともあります。

 

スクスク育っていることを実感できますね!

 

 

 

大きい赤ちゃんの育児は大変だけれど喜びに

f:id:miomio8818:20191122213507j:plain

赤ちゃんが大きいと、おむつ選びや哺乳量など、まわりの赤ちゃんとは違った成長に戸惑うことも多いですよね。

 

体力的な負担も大きいですが、それもこれも今だけの貴重な時間。

 

自分なりの良い方法を手探りで見つけながら、わたし達ママもビッグなココロで成長を見守っていきたいですね!

 

 

 

www.marumarumio0808.com

 

 

 

www.marumarumio0808.com