3姉妹Diary~10年ぶりの出産

2019年、10年ぶりに三女を出産した働くアラフォーママが発信する、気まぐれブログ♪

チャイルドシートで泣く赤ちゃん〜その解決法とは?

もうすぐ生後3ヶ月を迎えようとしている三女は、とにかくチャイルドシートが嫌いです。

 

乗せるときは、

 

ニコ〜ッ

 

と、最高のスマイルなのですが、走り始めると

 

グズグスし始めます。

 

また、暗いのが嫌いなのか夜に車に乗せると、

 

ギャーッッ

 

と、豹変します。

 

可哀想ですが、わたしは基本的に無視です。

 

泣けば降ろしてもらえると思われては困るし、帰るわけにはいかないし・・・

 

しかし、不快な原因があるならばりのぞいてあげたいのが親心ですよね。

 

車を持っているママやパパであれば、多くの方が頭を抱えるであろうチャイルドシート問題。

 

今回は、チャイルドシートで赤ちゃんが泣いたときわたしが試した解決法3選をご紹介していきたいと思いますが、我が家の三女には効果がなかったので、参考までに読んでいただけたらと思います(泣)。

 

 

 

 

チャイルドシートで赤ちゃんが泣いた時の解決法3選

f:id:miomio8818:20191031103537j:plain

長女と次女の赤ちゃんの頃も、チャイルドシートで泣いてはいたものの、車が動くと泣きやんでいました。

 

乗るときは思いきり拒否っていましたが、車が走り始めるとピタッと泣き止み、信号が赤になって車が停まるとまた泣く。

そして、また泣き止む。

 

と、いったような感じ。

 

夜泣きがひどいとき、ドライブをすれば泣き止むという話を聞いていたくらい、赤ちゃんは乗り物が好きなんだと思い込んでいた私。

 

しかし、三女は違う!

 

(なんで、泣き止まないんだ〜)

 

頭をかかえたわたしが試した解決法は3つ

 

 

1、車内の温度調節をする

f:id:miomio8818:20191031103734j:plain

車内は、外気の気温にとても影響をうけるものです。

 

車のなかが寒かったり、逆に暑かったりすると赤ちゃんはチャイルドシートで泣いてしまいますよね。

 

その場合には、

 

  • エアコンで温度調節をする
  • 窓を開ける、または閉める
  • 服を一枚足す、または脱がせる
  • 寒い季節は、暖かいひざかけなどを用意する

 

という工夫が必要となります。

 

ちなみに我が家の三女は、暑くても寒くても、いつでも泣いちゃうようでした・・

 

 

 

 

2、おもちゃで気を紛らわす

 

おもちゃを握れる赤ちゃんには、これは有効的な解決法ではありますが、我が家の三女はまだ生後2ヶ月。

 

おもちゃは意味ないでしょ。

 

と、思いながらも藁にもすがる思いで、このぶら下げるおもちゃを購入

f:id:miomio8818:20191030213358j:image

吊り下げているので、車が動いて揺れるとシャカシャカとおもちゃが鳴ります

 

結果。

 

三女には全然、意味がなかった。悲

 

しかし、みなさんの赤ちゃんには効くかもしれませんので、一度試してみるのをおすすめします。

 

にぎにぎできる赤ちゃんには、おもちゃが落ちないよう、このようにげて使用できるおもちゃが良いですね。

 

 

 

3、音楽で気を紛らわす

f:id:miomio8818:20191031104114j:plain

こちらもまた、少し大きくなってきた赤ちゃんには有効な解決法かと思います。

 

わたしも長女や次女が赤ちゃんのとき、それ以降もテレビでかかっていた好きな音楽のCDを、レンタルしては車でかけていました。

 

現在の三女は生後2ヶ月の赤ちゃんなので、効き目がないとは思いつつも、いつも聞き慣れた音楽をかけてみる。

 

意味がなかった・・

 

何をやってもダメでした。

 

最近わかったことなのですが、三女はベビーカーも嫌いなんです。

 

たぶん、乗り物がキライなのかもしれません。

 

致命的です。

 

 

 

 

チャイルドシートで泣く赤ちゃんは無視

f:id:miomio8818:20191031104259j:plain

可哀想ですが我が家の場合は、

無視をするしかありません。

 

例え、一旦車を停めて抱っこしたところで、また乗せたら更にギャン泣きするのが目に見えてますので、とにかく無視。

 

そのうち、疲れて寝ているのが今の現状です。

 

小学生になっても泣いてる子はいないので、いつかは泣かなくなるだろうという気持ちでいます。

 

そう思っていないと、わたしも罪悪感を感じてしまいます。

 

これから、月齢を重ねるごとに新たなアイテムを取り入れていきたいと思います。

 

おもちゃで遊べる赤ちゃんは、どんどんおもちゃを取り入れていったら良いかと思います。

 

三女もいつか、静かに乗ってくれますように。