3姉妹Diary~10年ぶりの出産

2019年、10年ぶりに三女を出産した働くアラフォーママが発信する、気まぐれブログ♪

小学生でプログラミングを始めてみました!~その効果と試験までの道のり~

2020年から小学校の必修科目になるという、プログラミング

 

そんな我が家の3姉妹の長女(小6)と次女(小4)は、プログラミング教室に通っています。

 

通い始めて半年あまりたち、ジュニアプログラミングの試験を受けたり、自宅でプログラミングをして遊んだりと、楽しんでいる模様。

 

今日は、小学生の娘たちがプログラミングを始めるキッカケになったことや、プログラミングで得られる効果、実際にプログラミングを習ってみて思ったことをご紹介していきたいと思います。

 

これからプログラミングを始めてみたいというママやパパは、参考にしてみてくださいね。

 

 

 

小学生の娘がなぜプログラミング教室に通うことになったのか

f:id:miomio8818:20191018122246j:plain

わたしは現在、フリーランサーとして働いているのですが、もともとは子供達を育てながら、飲食店でアルバイトをして働いていました。

 

我が家は残念まがら裕福ではないため、共働きではないとやっていけないんですね。

 

しかし、実家も遠く頼れる親戚などもいないわたしは、子供が病気をすると当然仕事も休まなければなりません

 

そして結局、職場に迷惑をかけてばかり。

 

上司は冷たく、わたしが迷惑をかけているのだからひたすら謝るしかないのだけれど、モヤモヤした気持ちを抱えていました。

 

どうにか自宅でできる仕事がないものか!

 

と、考えたわたし。

 

しかし、活かせる資格もなにもない!

 

「ならば今から死ぬ気で勉強」

 

と決意し、アルバイトを続けながら独学で勉強し、やっとパソコンを使いながらフリーランスで働くことができています。

 

そうすることによって、

 

子供達は学童を退所

月2万円以上かかっていた、お金がかからなくなった

 

子供がいつ病気しても慌てることがない

仕事は自分ひとりが困るだけなので、誰にも迷惑をかけることがない

 

といったメリットを得られるようになりました。

 

このように、パソコン一つで働けるということは、子育て中に大いに役立つなと思ったのです。

 

そこでわたしが注目したのが、プログラミング

 

小学生のうちから遊び感覚でパソコンに慣れさせ、学んでおくことで、将来いつか役立てば良いなという思いから、始めさせてみようなかな?

 

と、考えたのがキッカケでした。

 

 

 

 

ゲーマーな長女にプログラミングを進めてみる

f:id:miomio8818:20191018122627j:plain

我が家の長女は女の子ですが、ゲームが大好き

 

ゲームのためなら宿題もしっかりやり、ゲームをやりたいがために面倒なことは先に片づけておく徹底ぶりのゲーマー

 

そんな長女は、プログラミングを楽しんでやるに違いない!

 

と思ったわたしは、プログラミング教室の話をもちだしてみました。

 

そうすると、小学校で数回やったことがあるそうで、

 

「すごく楽しかったから、行きたい!」

 

と、目をキラキラさせているではありませんか。

 

ならば!

 

と、まずは無料体験を申し込み

 

そうすると、それを聞いていたゲーマーではない次女も、

 

「わたしも行きたい!」

 

と意外な反応をみせたので、一緒に連れて行くことに。

 

無料体験をうけてみると、先生もとても話しやすい人でやさしい。

 

プログラミングもscratch(スクラッチ)という子供向けのかわいいソフトで、楽しく学べたよう。

 

長女はもちろんのこと、次女まで通いたいという始末。

 

プログラミング教室はお値段もそれなりのため、一瞬迷いましたが、飽き性の次女がいつまで続くかもわからないので、とりあえず姉妹で通うことにしました

 

 

 

 

小学生でプログラミングを学んで得られる効果とは?

 

プログラミングはただ技術を学ぶのではなく、様々なものが得られます。

 

1、論理的思考(プログラミング的思考)

難しい言葉のように感じますがカンタンにいうと、

 

結論までの道筋を、わかりやすく立てることができる思考のことをいいます。

 

論理的思考をもつことで、何かを相手に伝えたいときに、簡潔に述べることができるようになったり、

 

『どうしてその結論になったか』ということを、わかりやすく述べることができるようになります。

 

また、見通しを立ててから物事に取り組むチカラをつけることができるようになりますよ。

 

プログラミングを通して、学べるチカラがたくさんあります

 

 

 

2、創造力をつける

f:id:miomio8818:20191018123057j:plain

自分でなにかをつくるということは、子供の創造力を大いにフル活用できます。

 

例えばゲームやロボット、動画なども、子供だからこそ思いつくものがたくさんあります。

 

大人のおカタイ頭では想像もできないようなことを、子供は思いつくのです。

 

プログラミングでは、その子その子の創造力をはたらかせて、自分だけの世界をつくることができますよ。

 

 

 

3、達成感や成功体験をつむ

f:id:miomio8818:20191018123236j:plain

自分でなにかを作りあげた達成感は、経験として子供の心に深く刻まれます。

 

何でも良いのですが、大人だって同じです。

 

時間をかけてつくったプラモデルやパズル、料理やお菓子、仕事のプレゼンなど一生懸命取り組んだ末の達成感は、忘れられないものとなりますよね。

 

プログラミングを通して、子供は達成感や成功体験をつむことができますよ。

 

 

 

 

4、集中力を身につける

f:id:miomio8818:20191018123448j:plain

 

一つのことに集中するチカラを、プログラミングを通してつけることができます。

 

良い例が、飽き性の我が家の次女

 

自由奔放で飽き性な次女は、とにかく集中力がない!

 

家での宿題中は、おしゃべりがとまらない。

席をたってうろつくのは当たり前。

 

ほんと、困った娘なんです。

 

しかしその次女でさえ、プログラミングの最中はとても集中し、静かに夢中になっています。

 

心なしか、最近は宿題も集中してできるようになってきました

 

と、いうわけで集中力のないお子さんにもおすすめです

 

 

 

5、いつの間にかパソコンに慣れる

f:id:miomio8818:20191018123640j:plain

 

小学生のプログラミングは楽しくできますので、やっているうちにパソコンにも慣れることができます。

 

全くできなかったタイピングも今ではできるようになり、パソコンの基礎中の基礎もわたしが教えなくてもできるようになっていました。いつの間に!

 

楽しみながらパソコンに慣れることができるのも、プログラミングの魅力だとわたしは思っていますよ。

 

 

3年間で1万人が学んだプログラミングスクールTECH::CAMPのオンライン説明会

 

 

 小学生の長女がジュニアプログラミングの資格をとって得られた効果とは

f:id:miomio8818:20191018123754j:plain

せっかくプログラミングを学んでいるのだから、それを形として残そうということで、ジュニアプログラミングの試験を受験することに。

 

履歴書にも書ける正式な資格ということなので、無いよりはあった方が良い!

 

プログラミングを同時に始めた長女と次女ですが、進行具合はやはりゲーマーである長女が早い模様

 

まずは、長女だけ受験することにしました。

 

難易度が低めの4級から受け、結果は合格

 

『試験』というものを受けたことがなかった長女。

 

緊張もしたそうなので、緊張感を持ちながら課題に取り組むという良い経験ができました。

 

また、合格ができたことで達成感を得られたようです。

 

その点も、プログラミングを始めて良かったなと思う一つでもあります。

 

今月は、レベルアップした3級にチャレンジするそう。

 

姉をみた次女も、初めて4級にチャレンジするそうです。

 

結果はどうであれ、それに取り組むまでの過程が大事だと思っているので、がんばって欲しいと思います。

 

プログラミングは自宅でもできますし、小学生向け・大人向けの本もたくさん売られています。

 

ちなみに我が家はこちらを参考に、自宅で勉強しています。

 

Scratch 3.0で楽しむ レッツ! プログラミング ジュニア・プログラミング検定 公式テキスト

f:id:miomio8818:20191018124829j:image

遊びながら楽しく学ぶ! 小学生のScratchプログラミング

f:id:miomio8818:20191018124847j:image

受験する試験によって違いますが、試験に合格するとこんな認定証を受けとることもできますよ。

f:id:miomio8818:20191018124859j:image

 

 

 

子供がプログラミングで得た経験をどう活かすか

f:id:miomio8818:20191018124026j:plain

 

将来プログラミングが役立つ仕事につくとは限らないので、技術的には役立つ日がくるのかはわかりません。

 

しかし、どんな職業についてもプログラミングを通じて得た経験や達成感、楽しかった思い出などは忘れないはずです。

 

我が家の場合は女の子なので、いつか家庭を持ち思うように働けなくなったとき、

 

「そういえば私、あんなこともできるんだっけなぁ~」

 

なんて、思い出してくれたら良いなと思っています。

 

まずは飽き性の次女が、いつまで楽しんで続けてくれるのか、見ものです。

 

お子さんへのプログラミングを迷っている方は、無料体験などがおすすめですよ。

 

楽しんで学ぶことが一番ですので、良い環境で学べると良いですね!

 

 

コチラの教室で無料体験ができるそうです。

サイバーエージェント監修 小学生向けプログラミング